レッドオーシャンに放り込まれたサメの戦い方【ビジネスの考え方は実例で考えるほうが楽】

レッドオーシャンというマーケティング用語(ビジネスの考え方)を、サメの気持ちで考えてみました。

レッドオーシャンとは

レッドオーシャンとは、ライバルが多い市場で、顧客を取り合う状況のこと。

ある海のエリアにおいて、複数のサメが一定数の獲物を奪い合う光景(海の中は赤色の血だらけ)を思い浮かべるとわかりやすいと思います。

で、自身が「レッドオーシャンに放り込まれたサメ」だとしたらどうするか?を考えてみました。

 

レッドオーシャンに放り込まれたサメの戦い方

いくつか戦い方はあるかなと思います

  • サメとしての力を高める(他のサメの獲物を奪うように鍛える)
  • 他のサメよりも早く行動する(獲物が出てきたらすぐに行動できるようにする)
  • 獲物を発見するノウハウを見つける(他のサメが獲物に気づかない間に食べる)
  • サメチームを作る
  • 自分だけの場所で獲物を育てる(他のサメが入れない場所で気長に頑張る)
  • 自身の趣向を変えて他のサメが食べない獲物を食べる
  • サメが少ない海に行く

などなど。

赤いのが「今いる場所で本気で戦う方法」です。

 

青いのが「戦う相手や場所を変える方法」です。

いわば、ブルーオーシャン戦略に近いかと

 

こうやって考えると、マーケティング戦略とか、ビジネスの戦略って、自然の競争の中の考え方と通ずるものがありそうです。

ビジネス用語を暗記しようとしましたが、私には使いこなせませんでした。

こんな感じで、ビジネスの枠組みのみで考えずに、「自分がサメならどう振る舞うのか?」で考えると色々とアイディアが浮かびそうだなあ、と思いました。

コメントはお気軽にどうぞ!