【無料】頻出の基本英単語をまとめたNGSLが最強な件【英語の勉強法】

英語に本気で取り組みたいけど、

英単語の本が多すぎて選ぶの大変だなあ。

どの英単語から覚えればいいか教えてほしいな。

上記の悩みにお答えします。

結論から言うと「頻出の基本英単語」から覚えるのがオススメです。

 

言われてみれば当たり前ですが、頻繁に使う英単語から覚えていくのが一番効率的ですよね。

色々な英単語帳がありますが、一番オススメなのはネットで無料で見られる「NGSL」です。

先にリンク貼っておきますね(英語ですよ)

http://www.newgeneralservicelist.org/

 

当記事では以下のような内容を説明しています。

  • NGSLってなに?
  • どうやってNGSLを勉強すればいいの?
  • TOEICや仕事に必要な英単語は?

 

New General Service List(NGSL)は頻出の基本英単語リスト

NGSLはNew General Service Listの略です。

2013年に作られた基本英単語リストでして、

約20億近い言語資料の中から、

頻出語2368語を厳選しています(派生語を含めると約2800語)。

 

なんとこれ、一般的な英文の9割をカバーしています。

大学の英語の専門家がまとめただけあって信頼性も高いです。

 

NGSLはぶっちゃけ「2800語」も覚える必要はありません

とはいえ、2800語は多すぎ…!って思った方もいるはず。

ただ、ぶっちゃけ既に知っている単語が大半です。

というのも、以下のような基本的な単語も含まれていたりします

  1. the
  2. be
  3. and
  4. of
  5. to

これ、頻出単語トップ5なんですが、流石に誰でも知っていますよね。

こんな感じで、量が一見多いように見えるけど、意外とやってみると何とかなります。

 

【信頼性あり】NGSL(GSL)は100年近い歴史あり

NGSLの前身はGSLと呼ばれる約2000の英単語リストでした。

英語教育の専門家が1930年付近に作ったものです。

これも優れた教材だったのですが、

  • 現代の単語にそぐわない(古い)
  • 元としている英単語の量がやや少ない

といった問題があり、NGSLが新たに作られました。

100年近く使われていて、今なお進化を遂げる単語集って感じですね。

GSLとNGSLどちらを勉強すればいいか迷った方は「NGSL」一択でOKです

 

NGSLをダウンロードする方法

NGSLをダウンロードするには、公式HPにアクセスすればOKです。

以下のページから日本語訳も付いたエクセルリストがダウンロードできますよー。

http://www.newgeneralservicelist.org/new-ngsl-japanese-defs

 

面倒な人のために、エクセルの直リンク貼っておきます(リンクが切れてるかもしれません)↓

http://www.newgeneralservicelist.org/s/E-J-Definitions-from-NGSL-Builder.xlsx

 

ただ、、後述のスマホアプリを使って勉強する方がオススメです

 

【無料】NGSL関連ツールの使い方と学習方法

NGSLのページには色々なツールが紹介されています。

その中でも特に役立つのは

  • スマホのアプリ(iPhone/Android)
  • Webブラウザ上で使える「フラッシュカード」

の2つです。

それぞれ使い方とオススメの学習方法を紹介していきます。

 

【アプリ】NGSL Builder 日本語版

スマホ(iPhone、Android)で使える「NGSL Builder」というアプリが一番手軽で勉強しやすいですね。

日本語にも対応しています。

正直言うと、日本語訳が微妙な所もあります。

ただ、ザックリとどの単語を知らなかったかを確認するのに使えますよ。

 

ホーム画面から「英単語を選択する」で全項目を追加した後、「英単語を学習する」で学習していけばOK

2800個一気にやるのはシンドイので、コツコツ暇を見つけてやると良いでしょう。

 

ちなみに正解したものは「1日後→3日後→1週間後→1ヶ月後」と適切な復習タイミングで、学び直せます。

メンタリストDaiGoさんの勉強本にも書かれていますが、科学的に理想とされる復習タイミングにかなり近いです。

このアプリを使って「頻出単語」をとりあえずザックリ理解&覚えることからはじめましょう。

 

【Webサービス】Quizlet

QuizletというWebサービスも、かなり使えます。

PCやスマホのWebブラウザ(SafariやGoogleChrome)からインストール不要で使えます。

https://quizlet.com/class/1040500/

 

日本語で使えるサイトなので、普通に会員登録して使っていきましょう。

有料会員の勧誘がありますが、無視してOKです。

下記のような画面がでるので「または引き続きQuizlet無料版を楽しむ」を選択してください。

NGSL QUIZLET登録画面

 

あとは、頻出英単語の1番上からやっていけばいいですね。

※ちなみに、答えの説明文は「英語で書かれている」のでご注意を!

パソコンでやる方は「Weblioポップアップ辞書」というGoogleChrome拡張機能をインストールすると、辞書を引く手間が省けるのでオススメです。

 

【余談】発音を確認するのに超便利

余談です。

私はフィリピンセブ島に留学して、発音矯正をしました。

が、思った以上に「カタカナ英語」に毒されていたことに気づきました…。

※日常的に使う「thank you 」や「that」さえも正しい発音ではなくてショックでした

 

ということで「頻出英単語をしっかりと発音できるか」を確認するために、このサービスを使いました。

リストを選択した後に、左側のメニューに出る「音声チャレンジ」というのを開き、頻出単語を順番に「耳で聞く」ようにします。

eigoquizlet使い方

その後聞いた単語を自分で発音テストしてみる…という感じ。

※iPhoneやAndroid(PCでもOK)の音声入力で、自分で発音してみて、適切に認識されるかを試しました

 

【おまけ】目的別に使える英単語リスト

先程のNGSLを覚えた後に、目的別に使える英単語リストをまとめています。

NGSLのウェブサイト内の補助コンテンツですが、こちらも無料&かなり良質な内容です。

 

ビジネスマン向けの英単語→BSL【1754語】

ビジネス英語でよく出る単語を覚えるならBSL(Business Service List)。

最初に説明したベーシックな頻出単語を集めた「NGSL」の後に学ぶことで、ビジネス英文の97%をカバーできます。

http://www.newgeneralservicelist.org/bsl-business-service-list/

ビジネスマンはこの単語リストを覚えればいいですね、量が多いけど…

 

TOEIC受験者向けの英単語→TSL【1200語】

2016年に作られたTOEICの頻出単語1200語を集めた単語リストがTSL(TOEIC Service List)。

ベーシックな頻出単語を集めた「NGSL」と合わせて学ぶことで、TOEICの英単語を99%カバーできますよ。

http://www.newgeneralservicelist.org/toeic-list/

 

研究者・大学院生向けの英単語→NAWL【963語】

学術的な文書によく出る単語を覚えるのに役立つのがNAWL(New Academic Word List)。

NGSLの単語(基本をカバーする2368語)の後に学ぶと、学術的文書の92%がカバーできますね。

http://www.newgeneralservicelist.org/nawl-new-academic-word-list

大学院生とか、研究論文を読む人にオススメです。

 

って感じ!

英語を改めて学ぼう!って人は、まずはこの英単語を学習する所から試してみましょ~

 

人気記事勉強効率が上がる「社会人にオススメな勉強グッズ」まとめ【根拠あり】

関連記事メンタリストDaiGoの「超効率勉強法」本の感想と要約