ストレングスファインダーを2度受けて1番の強みが「内省」だった

ストレングスファインダーという「自分の強み判断ツール」があります。

自分の強みを知ることでどう生きるか、どう仕事をするかの方向性が見えます。

無料で自分の強みを知りたい人は心理学に基づく「ちょっぴりゾッとする性格診断」がオススメ。

 

ストレングスファインダーを再度受けると結果はどうなる?

強みを知るためにストレングスファインダーを、数年ぶり、2度目の受講。

公式サイトでは「何年経ってもあなたの強みは変わらないよ」と言っています。

 

ストレングスファインダー2回目の受講→「結果は変わりました」

結論から言うと、5つ中3つは変わっていました。

3つともランクが少し落ちていました(6位~10位にはありました)。

一方で、資質2つは前回同様に1~5位にありました。

 

私の強みは「内省」「個別化」「最上志向」

私の結果は以下の通り

  1. 内省
  2. 個別化
  3. 最上志向
  4. 信念
  5. 慎重さ
ストレングスファインダーの結果

ストレングスファインダーの結果

 

それぞれ簡単に言うと、

  • 内省→「1人で考えるのが好き、頭使うの好き」
  • 個別化→「個性的なことが好き」
  • 最上志向→「とにかく得意なことを伸ばしたい。上になれなきゃ無意味」
  • 信念→「自分の倫理観、人生観が大事」
  • 慎重さ→「計画立ててリスク回避したがる」

という感じ。

 

自分の強みに沿ってどう生きるか?【内向型人間】

自分の強みに沿ってどう生きるか?

私の強みは簡単にまとめると「価値観・個性・強みに沿った仕事を、慎重に1人で進めたい」です。

プログラミングとか、ブログとか、そういう仕事ですね。

エンジニアとして活動していたときも

  • 【苦手】コンサルティング、マネジメント、打ち合わせ
  • 【得意】プログラミング、一人で設計、デバッグ

という傾向を薄々感じていましたが、納得です。

 

ストレングスファインダーのまとめ

ストレングスファインダーのまとめです。

  • 自分の強みにあった仕事をしたほうが成長できるし楽しい
  • 強みを調べるにはストレングスファインダーが手っ取り早い

ということで「人生の方向性に迷っている人」「理想とする結果が出ていない人」は是非ストレングスファインダーを受けてみてください。

本当の自分の強みを活かせるようになるかもしれませんよ。

 

本1冊に付き、1回試験できる権利がついていますので、中古ではなく新品で買うように注意してくださいね。