【情報発信者】ネガティブコメントやアンチコメントの対処法は一択【ブログ・Youtube・Twitter】

ブログ、Twitter、Youtube等で、情報発信をしていると、ネガティブコメントやアンチコメントがどうしても出てきます。

そこで出来る対処法は1つ。

結論から言うと「無視する(コメント削除)」がオススメです。

※記事最後に、他の方法もお伝えしています

 

批判されない人もメディアも存在しない

まず前提として、批判されない人もメディアも存在しないです。

どんな規模のものであれ、必ず「批判者」は存在します。

もちろん、規模が大きくなる(露出が増える)ほど、その数は増えていきます。

 

なので、その「ネガティブコメントやアンチコメントの発生」という現象に対して、心を悩ませるのは時間の無駄です。

 

一番良いのは「無視する」こと【これ一択】

一番良いのは「無視する」ことです。

これ一択です。

可能であれば「コメントの削除(&コメント書き込みの禁止)」が良いと思います。

 

結局の所、自分の意見と相手の意見が交わっていないだけでして、そこで議論するのは時間の無駄です。

 

相手と自分は異なる生まれと育ちです。

相手側にも、培ってきた言い分とか、論理とかがあるでしょうし、コメントしたくなるときの感情があるはず。

こちら側も様々な感情や、それまでに考えてきたことの積み重ねがあり、情報発信しているわけです。

それが単に異なるだけです。

 

その両者の溝は基本的には埋まらないものでして、ましてやコメント欄という狭い世界では、(まともな)議論のしようもありません。

 

自分の感情と、読んでくれている他の人のことを考える

結局の所、自分が大事にするべきは

  • 自分の感情
  • 読んでくれている他の人のこと

でして、批判してくるその1個人のことは気にする必要はありません。

 

いちばん大事なのは、情報発信が続くこと。

読んだ人が皆同じ感想を持ってくれて、敵がいなくなることではありません。

 

「ネガコメ、アンチコメ」を見て意見を改めるのはコスパが悪い

「ネガコメ、アンチコメ」を見て、考え直し、意見を改めよう!

…という声も世の中にはあります。

※心が強い人は、そんな風にして対応するのもありです。

 

しかし多くの人は、ネガコメ、アンチコメなどの悪口と真摯に向き合うことは

メリット < デメリット(心理的負担)

だと思います。

 

結局、発信内容を見直したり、考え直したりするならば、コメントを基点にする必要はないです。

 

もっと建設的に

  • アンケートを取る
  • 参考にしているメディアの情報発信を見て勉強する
  • 論理展開を紙に書き出して客観視する

などの方法をとった方がコスパが良いです。

 

批判する人の心理

そもそも批判する人の心理はなにか?

  • 何にでも怒ったり批判する人が、たまたま自分の発信に出会っただけ
  • 自分の信条や考えと異なることに出会って、許せなかった
  • 自分と敵対する誰かが匿名という形で批判してきた
  • 発信するメディアを持たない人が自分語りをしたいだけ

などなど。

むしろそこまで大きな感情がある方が少ないはず。

どちらかというと

「TV番組を見て、それに対してちょっとしたコメントをしている」

くらいの感覚だと思います。

 

過激なアンチコメント、ネガティブコメントへの対処法

過激なアンチコメント、ネガティブコメントへの対処法です。

【最終手段】通報する

例えば、殺害予告が合った場合は、通報すればOKです。

また、情報発信をビジネスとしてやっている時に、過剰な荒らしなどが来た場合も、業務妨害といえるでしょう。

 

コメント欄などを無くす

無視すればいいのは分かっていても、見たら凹む…という人は「コメント欄などを無くす」のが手っ取り早いと思います。

ツイッターの場合はミュートがオススメです。

※ブロックすると、過剰に反応する人もいるので、ミュートならば穏やかに無視し続けられます

 

考えずに「ありがとうございます、頑張ります」とリプライする

考えずに「ありがとうございます、頑張ります」とリプライする方法もオススメです。

これはかなり大人な対応でして、相手を無視もせず、感情を逆なでもしません。

アンチコメしてきた人が逆にファンになる可能性すらあります(反応もらえた喜びから)

心が強い人は、こういう方法を試してみても良いと思います。

 

個人的なオススメはやっぱり「コメント無視(削除)」です

いろいろ書きましたが、個人的なオススメはやっぱり「コメント無視(削除)」です。

どうでも良い批判に時間を奪われるのは勿体無いですので、問答無用で消します。

※ブログやYoutubeならコメント削除、Twitterならミュートで良いかと

 

また、そのコメントを貰った「発信」に、後日目を通した時に、再度コメントを見ても心に悪いです(また凹むのは無駄)。

※無意識的にアンチコメがあるので見る気が起きなくなる可能性もあります

 

ということで、

  • いざとなれば通報する
  • コメント欄を無くす
  • 定型文のリプライを決める(例:ありがとうございます)
  • コメント削除(無視)

あたりを試して、批判に対応しましょう。

 

とにかく「自分がやりたい情報発信を続けること」だけを意識して、折れずにがんばりましょう(灬╹ω╹灬)

コメントはお気軽にどうぞ!